Josiminmieee♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014 GW後半は 焼山北面台地。

<<   作成日時 : 2014/05/09 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5/4
幕営の顛末。標高1250m

笹倉温泉までのアプローチ。
またまた大名してしまった。寒月君に輸送してきてもらった・・・。

さて、三年ぶり幕営、とても荷物が重い。

画像




三日分のアルコールの重さもかなりのシェア(と思う)


画像



とにかくでんでん虫走法で四時間半かけて
北面台地着・もー肩が痛くて一歩も歩きたくないワン。
早速テント広げて、小宴会。質素なちゃんぽんなべの夕飯でも山の景色を眺めながらでは贅沢なものです。
翌5月5日の予報は「雨」。そのわりに穏やかな夕暮れ。
山はすっきりと見えて、平和そのもの。キャンプ日より。なんだけどなぁ〜

画像


昼からでている月が西の高松山にさしかかりかすんで見えた。やっぱり下り坂まちがいなしか。
早めに寝袋に入ったものの、突風で目が覚める。えーまだ午後八時だ。
その後、風が強くなりテントばたばたで怖くなって眠れなくなる。
強風が途切れなく吹き荒れるようになって堪忍したか慣れたのか、こんなものだと思ってまた眠りにつく。
.一時過ぎ、風は相変わらず強かった、が
テントの下方向から風が突き上げてくるようになった。
「まずい、浮いている」と寒月君が飛び起きて外へ。ロープの張り直しをやってくれる。
外張りが安定したこと、その後少し風が静かになったことですこしだけ安眠。


そして明るくなったころ、風向きが東になった。そしたらぽつぽつと雨。あーあとうとうふってきちゃった。
と・・はじめは良かったんだけど、暴風雨になって、雨がファスナーから垂れてくる。

その上揺すられているので、テントの中は雨漏り状態(ボロいテントだしなぁ)



もーいやっ。


こんなんではトイレにもゆけず、あぁ困った。

しばらく耐えていると唯一のご近所さんが撤収・下山のようだ。声が聞こえてくる。

「我らもげざんじゃぁ」と便乗即決。


外にでると意外にも太陽が雲の中で頼りなく照らしている。
北からの黒雲がまっすぐにかかっていて、どうやら大気の境界線の真下にいるようだ。


「このまま待てば南の大気に黒雲が押しやられて晴れるかも!」


なーんて。



持参した水、こしらえた水を投げ捨てて、下山決意。




今日このあと、どんなに晴れても後悔しません・・て思いながら。



少しだけ軽くなったリュックでもずっこけずにスキーができる!の経験が収穫。

途中、先に下山したグループに追いついてお話しましたら、彼らのテントも強風との戦いだったそうですよ。
お互いくろうしましたなぁ。



結局、北面台地の夕餉でおわった山行でした。くくくくくく゛やじいー。


下山後は雨・雨・雨。笹倉温泉につかって、
糸魚川ですし食べて・・・
この日はとっても寒かった。下山して正解。
寒冷前線が通過したのだな。
がんばってとどまっていたら大変なことになったさ。臆病でもいいこともあるわ。ほっ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014 GW後半は 焼山北面台地。 Josiminmieee♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる